1. 大阪谷九の人妻風俗・ M性感【谷町人妻ゴールデン俱楽部】
  2. トップページ
  3. 射精を越えた⾄⾼の快感『メスイキ』

射精を越えた⾄⾼の快感『メスイキ』|大阪のM性感なら谷九にある人妻風俗の谷町人妻ゴールデン俱楽部

対談タイトル

1ページ目(現在表示中)

2ページ目(現在表示中)

3ページ目(現在表示中)

対談風景メイン

射精を越えた⾄⾼の快感、『メスイキ』。
遂に、⾕町⼈妻ゴールデン俱楽部に2⼈⽬の『メスイキ』開発者が誕⽣いたしました。

昨年末に史上初、殿堂⼊りを果たし講師兼任となった【雅】から技術を伝承し⽇々の鍛錬を重ね、『メスイキ』開発免許皆伝の運びとなった【れお】

『メスイキ』開発技術向上の為の講習に御協⼒頂いている男優の【T様】にご参加賜り、知られざる『メスイキ』の"リアル"な声を伺いました。
『メスイキ』という未知の世界に対しての恐怖⼼、膨らみ続ける期待等々のモヤモヤを少しでも解消していただければと存じます。

メンバー
  • れお

    【れお】

    祝!!『メスイキ』開発Zコース案内開始!
    『メスイキ』開発免許取得に向けて努⼒を重ね、⽇々淫⽳開拓に勤しんだ結果、ついたあだ名は『アナル掘り師』。

  • 雅

    【雅】

    ⾔わずもがな、全てにおいて『匠』の領域。
    センス、経験値、⽌まることのない⽇々の進化。三拍⼦そろった『淫⽳クリエイター』。
    『メスイキ』開発の講師を兼ねる。

  • T

    【T様】

    講習にご協⼒いただいている男優様。
    『メスイキ』講習への参加に⼆つ返事で快諾し、瞬時に『ニューワールド』に達したのは偶然か必然か、、

  • S

    【スタッフS】

    進⾏させていただきました。
    『メスイキ』の世界に興味を持つ受付スタッフ。
    今回の取材を通し、『メスイキ』への興味がはち切れんばかりになる事はまだ、この時は知る由もない。

トーク

キやすい体に変わっていく…

T

講習を重ね、メスイキの領域まで辿り着いたT様

ス:
まず初めに、スポット講習の男優さんからの流れで、『メスイキ』の講習をお願いした際のメスイキの印象は?
T:
スポット講習のときも衝撃的だったんですが、さらに上のメスイキがあるとのことで、探求⼼が刺激されて参加してみたっていう感じです。
ス:
その時からすでに興味はあったということですね。
雅:
講習の時点で少しメスイキ起こしてたもんね。
ス:
なるほど、講習の時点ですでにメスイキの前兆が⾒えていたと。
第⼀回⽬の講習は、れおさんの初めての実技講習だったのですよね?
れ:
第⼀回⽬はそうだったね。
お互い初めましてで処⼥と童貞だねって話したのを覚えてるし。
ス:
最初からいきなりホテルで、監督の雅さんに⾒守られながらメスイキの講習がスタートしたということですね。
ス:
ちなみに第⼀回⽬のれおさんとの講習はいかがでしたか?
T:
右も左も分からない処⼥と童貞同⼠だったので、どうしたらいいのっていう感じでしたね。
れ:
開発の仕⽅を座学で教わったばかりで、実演はしていなかったから、横で雅さんにアドバイスを聞きながら⼿探りで進めたよね。
ス:
実際の⼀回⽬の講習で⼤きなメスイキはありましたか?
T:
最初は完全にはイキきらなくて、⼤きなメスイキはなかったです。

頼関係がメスイキの秘訣

雅

心を通わせる事がメスイキの第1歩と語る雅さん

ス:
今まで感じたことのない⼤きなメスイキは、⼤体何回⽬ぐらいの講習でありましたか?
T:
結構何回か講習を重ねました。
5回ぐらいだったような…
れ:
あいだあいだで雅さんが調整してくれていたので、それで⼀気にガンッと開発が進んだ感じ。
ス:
そして、とあるときに扉が全開になる瞬間があったわけですね。
T:
そうですね、イキやすい体になってきましたね。
ス:
段々体が変わっていったと。
雅:
信頼関係。
それがないと回数重ねても無理かな。
ス:
実際扉が全開になったときは、どんな感じでしたか?
T:
やったーってなったんですけど、事前にこの快楽のまだ先があると知っていたのでまだまだスタート地点だなと思いました。
2ページ目へ >

スイキの快感はループする

雅

ドライオーガズムと違いイッた回数がカウントできない

ス:
実際にメスイキを体験してみて、ドライオーガズムとの違いをどう感じましたか?
T:
快感の違いで⾔うと「浅く」と「深く」、みたいな感じですかね。
雅:
点と線。
射精は点、メスイキはループだよね。
回数もカウントできない。
ス:
射精だと⼀撃で終わってしまうところが、メスイキは永遠と続くと。
T:
確かに、いつイッたかっていうのがハッキリ分からないですよね。
れ:
⼀旦イカせられるようになってから、どんどんお互いの息を深めていく練習をしていたんだけど、落とし込んだと思っていたら、落とし込めてなかったときがあるよね。
あの違いって何だったの?
T:
⼥の⼦でもイッてないのに、イクイクって⾔うときあるじゃないですか?
あの感じで、先に⾔葉が出てしまうというか。
それと同じで、もう無理って⾔っちゃうんですよね。
雅:
無理じゃないのに、「無理無理!」って⾔っちゃうよね。
T:
そうなんですよね、ちょっとビックリして。
脳が拒絶するというか、めっちゃツンデレになっちゃうんですよね。

スイキを体験しての変化は!?

S

処女を奪われたような感覚になる?と質問するスタッフS

ス:
最初は男優さんとして、技術の向上に⼀役買うという名⽬で参加されたと思うのですが、実際にれおさんにメスイキを起こされて、関係性や⾒⽅に変化はありましたか?
T:
イキ始めたときから、れおさんのオーラが違ってみえましたね(笑)
そこからは信頼関係という意味では、最初はお互い怖さもあって分からないことが多いので、男性からのリードはある程度いると思うんですけど、メスイキをして以来、安⼼して⾝を任せられるようになりました。
男と⼥はほんとに⼊れ替わるんだなと思いましたね。
ス:
⼥の⼦視点では、処⼥を奪った男性は記憶に残るような⽅になると思うのですが、それと同じ感覚なのでしょうか?
T:
そういう感覚と同じだと思います。
誰に今開発されているのか、触られた感触で何となく分かるようにもなりましたね。
れ:
指を⼊れられているときの感触ってこと?
T:
そうです、中に指を⼊れられているときの感触です。
男のアレも皆違うように、⼥の⼈の指も皆違って特性がありますね。
とくに雅さんや、れおさんの様な⼀度ちゃんとイカされた⼈の指であれば、⾃分の体感ですけどイキやすいなというのはあります。
雅:
もう、チンコも勃たないよね。
T:
そうですね、気持ちはずっと勃起してるはずなんですけどね。(笑)
確認するとずっと萎んでる状態で。

スイキで女子力アップ!?

れお

施術者が本気で恥ずかしがるようになると語るれおさん

れ:
ほんとに徐々に徐々に勃たなくなっていったよね。
最初の時は、講習の休憩の時に汗だくで興奮して勃ったりとか、ふざけておっぱい触ってきたりしてたけど、⼀度メスイキを体験して以来、全然してこなくなったよね!
T:
⼥⼦⼒上がりました。
れ:
恥ずかしがるようになったよ。
T:
なんかね、顔を隠したくなるんですよ。
タオルで顔を隠す癖もついてしまって。(笑)
れ:
顔全部隠れるぐらい、タオル被ってたもんね。(笑)
ス:
途中まで雄が出ていた部分が、ある⼀線を超えて以来雌の⽅向になってしまう、と。
T:
実はよく⾃分の下半⾝に愛称をつけて、可愛がっていまして、普段は「ジョン」なんですけど、最近は「ペニー」ですね。※【注釈】主に英語圏で「ジョン」は男性名、「ペニー」は⼥性名。
ス:
⾃分の息⼦が性転換をしてしまうレベルなんですね。(笑)
れおさんに開発されただけでなく、雅さんにも⼊れ替わり⽴ち代わりで開発されたと思いますが、どういったお気持ちでしたか?
T:
それはもうすごい、興奮しますね。(笑)
雅:
好きだよね、そういうの。
講習の時すごく楽しそうだったもん。(笑)
ス:
輪姦されるのが好きな、結構稀有なタイプですよね。
T:
ビッチタイプだと思います。(笑)
雅:
性欲が強い⼈、男⼦⼒が⾼い⼈はそのタイプが多いよ。
草⾷系男⼦だと厳しいよね。
⾁⾷でしょ?
T:
⾁⾷ですね。
ス:
つまり普段⾁⾷だったジョン君が、お⼆⼈に輪姦されて喜びを覚えて、ペニーちゃんに進化したのですね(笑)
メスイキを体が覚えていったことによって、⽇常で変化はありましたか?
T:
⾊々と快楽スイッチを作っていただいたので、⽇常⽣活の中でもその条件になったときに性的興奮を覚えるようになりましたね。

スイキ体感で腸が疼く!?

雅

刷り込みにより、子宮のように腸が降りてきます(笑)

れ:
私ずっと気になってたんだけど、⼥の⼈って⼦宮が疼くってあるでしょ。
メスイキを体験している男の⼈ってそういうスイッチ⼊るときどこが疼くの?
T:
腸が下りてきた感覚と似ているかもしれないです。

例えば、僕最近体験したのが、⻭医者に⾏ったとき⽬を隠すじゃないですか?
あの時の状況がまるっきりメスイキの施術を受けるときと同じで、腸が降りてきて疼きましたね。(笑)
雅:
降りるよねそれは。(笑)
刷り込みされてるもんね。
ス:
類似したシチュエーションで刷り込まれているからこそ、体が正直に反応してしまったのですね。
T:
そういった体験をしていると、⽇常⽣活+αで楽しみが増えましたね。
3ページ目へ >

烈な刺激が欲しくなる

れお

射精することが最終地点でなくなります

ス:
メスイキが体に染みついても、普通にオナニーやエッチで射精することがあると思いますが、その感覚はメスイキを体験する前後で変化はありましたか?
T:
今までだと射精だけしていれば満⾜だったんですが、体験した後だと、腸が疼くことが少しありますね。
ス:
なるほど、⼀度体験すると体がそういう作りに変わってくるのですね。
れ:
⻭医者とかメスイキを想起させる条件がなくても、思い出すことはあるの?
T:
思い出すときありますよ。
例えば、オナニーしてて物⾜りない、ヤリたいってあるじゃないですか。
それに+αでメスイキしたいっていう感覚が芽⽣えましたね。
れ:
知っているからには欲しくなるのか。
メスイキのほうが強烈だから。
ス:
エッチして射精することが最終地点だったのが、さらにその先のメスイキが+αされたことで楽しみが増えたという感じですね。
T:
しかもさらにその奥もあると考えると、ほんとに楽しいですよね。

癖が拡張されていく

T

あとは⾃分をどこまで⾼められるかと心踊るT様

ス:
エッチってゴールがあるような気がしますが、メスイキの場合ゴールがないですもんね。
無限に快楽を追求できる可能性があると考えると…
T:
あとは⾃分をどこまで⾼められるかですね。
ス:
⾃分が気持ちよくなれる要素に対して、今まで以上に敏感になれる、と。
T:
そうですね、感度上がりますね。
れ:
性癖が拡張されていくよね。
T:
雅さんとかスイッチ作るの上⼿いので、どんどん全⾝が敏感になっていってます。
雅:
結構全⾝、敏感になったよね。
ス:
今となっては、すごい体となって性癖も増えたのですね。
つまり、⼀括りに性⽣活という⾔葉にまとめると、かなり充実されているということですね?
T:
めちゃくちゃ充実しています。
よく『⽣きている限り勉強』っていう⾔葉あるじゃないですか。
メスイキも同じでゴールがないので、⼀⽣追求していきたいですね。

ここまでご覧頂きありがとうございました!
いかがでしたでしょうか?

対談を通し、進⾏させて頂きましたスタッフ Sは、『メスイキ』=‶⼈⽣で体感した事の無い、想像もつかない快感″という印象を受けました。カラダそのものが作り替えられてしまうというよりかは、今までの快楽にプラスαとして楽しめるようになる。

T様が仰っていた『⽣きている限り勉強』という⾔葉にも『メスイキ』が⼀時的な快感ではない事が伺えますね。

⼈⽣においての"快楽のキャパシティ"が広がり、ゴールのない快楽を追究するという⾮常に魅⼒的な世界にスタッフ Sは更に興味が沸きました!

ご覧頂き、「興味深い!」と感じて頂けましたら、是⾮お問い合わせお待ちしています。
貴⽅の快楽への追究のお⼿伝い、承らせて頂きます。

※『メスイキ』施術の進⾏速度には個⼈差があります。

はじめのページへ >